あの「ローンが残っている車の売却」

中古車買取り業者に買取査定を依頼したものの、分割金を残したままであることも考えられます。そういった時には、買取りしてほしい車の持ち主が自分自身なのか別の方なのかどうか何はともあれ見ておくことが必要です。

ホントのところ、持ち主についてはどこを見たらわかるのかといいますと、自動車検査証に記載のあるお名前の人が自動車の所有者ということになります。

車を買うときに銀行系の自動車ローンを組んだ時には、この車検証に書かれている氏名が自分のお名前となってるはずですが、ローンを組まれたのが信販系の会社などの場合はお名前が信販会社の記載となっている訳です。信販会社で分割払いを組む場合どういう理由でこういった形で信販系の会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、その答えは月賦が滞納された場合に、即マイカーを差し押さえして確保することを考えている為です。

こうした事情で所有者名義がクレジット会社となっている時にはそちらのくるまを自分の都合で売り払う事はできないのです。どうあれ売却したいのであればまず返済を全て支払するか割賦契約の設定し直しをすることでオーナーをあなたの名前に変えてから売却することが必要です。とはいっても実際問題このようなことが可能なのが今現在持っている資産がたくさんある時という事になってしまいます。では資産が不足している人はどんな方法を取るのがよろしいのでしょうか。

こうしたケースでは鑑定をやってくださった愛車買い取り専門店に相談すると、マイカーの買い取りの値段から残債の支払いの分をキレイにし、所有者のところを自分のお名前に変えて頂くことができます。手続きに関しても全部買い取りのお店にオマカセできますから問題ないです。