あの中古車を売る時の「残債」だそうな

愛車買取店に見積もりを依頼したはいいけど、ローンを完済していないこともあるかもしれません。そんな時には、売却予定の車の所有者がご本人なのかそれ以外の人なのかどうかについてともあれチェックする必要性があるのです。

実際に、所有権は何を見ればいいのかと言えば、自動車検査証に記載されている名前がくるまの持ち主という訳です。

愛車を購入したタイミングで銀行系の自動車ローンを組んだ場合は、こちらの「自動車検査証」に書かれている氏名が自分の名前になっていますが、分割払いを設定したのがクレジット系の会社である時にはお名前がクレジット会社の記載になるはずです。信販会社で分割払いを組む場合どうしてこういった形でクレジット会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、その理由は支払いが滞ったりしたら、直ちにお車を担保として確保することを考えている為です。

そうした理由から所有名義が信販会社にあるケースではそちらのお車を好き勝手に売却は無理なことです。とにかく売りたいならまずは支払いを全て返済するか分割払いの組み替えをしてオーナーをアナタの名前に変えた後で売ることが求められます。ですが、実際問題こうしたことができるのはその時点で持っている現金がたくさんあるケースに限られます。ではお金がない時はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

そのような際は評価をやってくれた自動車買取専業店に相談すれば、車の買取金額から残った支払い分を返済し、持ち主をご自分の名前に変更していただくことが可能です。手続きに関しても全てにおいて買取ショップにオマカセ可能なので心配いりません。