あの日本自動車査定協会の役割ってどうでしょう

古くなった車の下取や買取の時には、間違いなく査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、お客様から下取・買取時にまともな評定を下すための工程であり、それをするためにはいろんな方たちから容認され、プラス認められた仕方で行わないと良くないのです。ですが、客側からしますと、値踏みがどんな感じでやられているのかはっきりとは存じてなかったり、適正な方法で実施されているのかはなかなか知ることが困難なものです。そうだとしても値踏みというのはその車の値段を決定する重要な過程な訳なので、方法や考えに種々のものがあれば世間のパニックの原因にもなってしまいます。

そのようなパニックを発生させない為にも「日本自動車査定協会」という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、キチンとした審査が行き渡るように動いている機関のことで、私たちが無事に査定に出せて、そのうえで喜べるような結果となるシステムを構築する取り組みをしています。

活動の内容は、例えばキチンとした査定士を増やす為の検定をおこなっており、査定協会が実行している学科と実技の研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。その上で査定士として活動するためには協会への登録を済ませてからになり、まっとうな知識や義務を以てしてお客さんの所有車の鑑定を行います。要は適正な見積もりを行う為の資格を保持している方が評定を行いますので、ユーザーも不安なく下取りや買取に出すことが出来るというわけです。