お待ちかね、中古車売買についてです

車の買い受けの際は最初にその中古車査定を行います。車の型式や何年式かによって基礎となる状態でのプライスのイメージをしておきます。これよりさらにコンディションが良くなかったら、金額を減らしていくなどの順番で行われていくことでしょう。

標準状態の価格に関しては買取のお店の方で基準となる数値を保持しています。これについては業者同士だけで回されているもので、その値段は車の種類と年式から記載されているものです。とはいえ、この金額はあくまでも基本的な数字であって、それ以上でも以下でも無いといえます。さらに、その額面よりも高い金額で買取して頂けたり、それとも安い値段で引き取られたりするケースも当然ながら出てくるのです。

お店の立場としては出来るだけロープライスで引き取りたいですから、買取店にもよりますが基礎的な買い取り額を見せたうえで、さらに低い金額の方へ行こうとしてきます。売る側からすればできるだけ高プライスで手放したいので、このケースでは強気に話を振るのがいいと思います。または、買い受けについての値段が合意できなかったケースであれば一度保留し、話を棚上げ状態としておきます。そうしてから違う店舗と調整をしていくわけです。

そこでもし値段が今まで以上に高値となり納得がいけば、前の買取店とのやり取りは決裂でも気にしなくて良いです。すなわち、売却する方が満足できるようにやり取りを進めていけばOKなのです。どうしても気を付けたいことは、急ぎ足で売却金額を決定してしまい、後になって悔いるということです。売却額はあくまで強気にいった方が悔やむことはないでしょう。