これこそ車を売る時のローンの残りだそうな

中古車買い取りのお店に見積もりをオーダーしたものの、ローンを残したままであるという事もあり得ます。そういった際には、売ろうとする自動車の持ち主がご本人なのか別の人であるかについて第一にチェックしておくことが必要となります。

実際に、所有者についてどの部分を見れば分かるのかと言えば、自動車検査証に書かれている氏名がマイカーの権利者ということになります。

車を買う時点で銀行などのローンを組んだ時には、こちらの「車検証」に記載されているお名前が自分のお名前となっていますが、自動車ローンを組んだのが信販会社である場合だと氏名がその信販会社の記載になる筈です。クレジット会社でローンを組む場合に何故こんな形でクレジット会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、回答としては毎月の支払いが滞納された場合に、スグにお車を差し押さえして確保するためです。

このような事情から所有者名義が信販会社になっている際はそちらのお車を自分の好きに売却することは無理なことです。それでも売り払いたいならまずは支払いを完全に終わらせるか、分割払いの設定し直しをすることで所有者を貴方の氏名に変えた上で売却をすることが必要です。しかし、実際問題このような手続きが可能なのは現在手持ちの資産が沢山あるケースに限られてしまいます。であるならば、現金が足りないケースではどうしたら良いのでしょうか。

そのようなケースでは値踏みをおこなってくださったクルマ買取ショップに相談すると、愛車の買取価格から残った支払い分をキレイにし、所有者の欄をご自分のお名前に変えていただくことが出来ます。手続きも完全に買取店にお任せできるので問題ありません。