これは・・・車売却と必要書類の感想、所感

お車を手放したい際のやり方には下取や買取といったやり方が用意されています。下取りは新しい自動車を手に入れた時には、それまで自家用車を引受けしていただけるものです。まだ運転ができる車だとすれば値段が望めますが、とんでもなく古い車であった場合には廃車費用を請求されるケースもあり得ます。

下取してもらう場合は専門のお店が引き取るわけじゃないので、高プライスでの放出はムリでしょうけど、おニューの中古車と交換する形で乗り換えが可能な良い点があります。もう片方の買取はというと、それ専業のくるま買取専業店に依頼して引受けをしてもらうといったものです。やり取りが分かりづらいなどのよくない点もあるわけですが、買い取られたくるまは中古自動車となって流通するのが元々大前提ですから、割かし希望するような値段での売却が期待できるはずです。

下取であっても買取であっても契約の際は必要書類を先に用意することが必要です。どういうものかというと、車検証の原本と自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券というものです。更に実印や印鑑証明書、住民票なども必要です。

売渡の際は委任状と譲渡証明なども使用するかと思いますが、これらはお店の方にて用意してくれるはずです。売却を望んでいる側としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票更に印鑑証明書が用意すべきものになります。審査の時にもそれらが確認されるので、紛失の時にはまた発行していただく必要がございます。

無くても値踏みそのものは受けることが可能ですが、即売却は出来ないので見積もり価格に悪影響が出てしまうでしょう。