ついにきた、中古車の査定のことを考えてみた

愛車の売買の時は、まずはその中古車査定を行います。その型式やいつのものかによって、基本とされる標準時の値段のイメージをしておきます。それより更に印象がマイナスなら、鑑定額を少なくするなどの工程で処理を行っていくのです。

標準時の金額については買い取る側でベースとなる数字を持っています。これは業者同士だけで出回っているもので、そのプライスは車の種類といつのものかということから記されているものです。とはいっても、このプライスはあくまで標準的な数字であり、それだけの意味しかございません。さらに、その価格より高値で買い取って貰えたり、もしくは安い値段で買い取られたりする事だって当たり前ですがあるのです。

買取店側からすると可能な限り安値で買取したいわけで、業者にもよりますが基礎的な買取標準価格を差し出したうえで、もっと安値の方へと話をつなげようとします。こちらの気持ちとしては少しでも高い金額で売却したいわけですから、このケースでは強気に話を持っていくのがイイですよ。もしくは、売却に関しての価格が譲り合えなかった時などは保留とし、話は休止状態とします。そのあと他の店舗とネゴシエーションしていくわけです。

ここで仮に値段がもっと高額となり満足がいったなら、先の業者との調整は決裂したとしても問題はありません。言ってしまえば、売却する側が気に入るように交渉を進めていけばよいということです。一番回避したい状況は、拙速に売値を決めてしまって、後になって残念な気持ちを残すことです。売却額はあくまで強気に交渉した方が悔やむことはないでしょう。