ついにきた、中古車査定に関して

マイカーの下取や買取の時には必ず査定をすることでしょう。査定とはお客さんから下取や買取の時にまともな評価を下す為の工程であり、それを行うためにはいろいろな方から肯定されプラス合意された方法でなければダメなのです。

ただし、こちら側からしますと審査がどんな具合にやられているのか完全には認識していなかったり、フェアな手続きで作業されているのかはどうしても認識することができなかったりもするものです。しかしながら値踏みというのはユースドカーのバリューを決断するとっても重要な方法ですから、方法や考えに色んなものがあると世間がパニックとなる要因にもなってしまいます。そうした混乱を生じさせないためにも日本自動車査定協会という名の機関が存在し、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会は厳正な値踏みが行き渡るように活動している団体であって、我々が安堵して見積に出すことができ、更に満足のいく結果となるシステムを構築する活動をしています。分かりやすい活動内容としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を育てるために資格試験をおこなっており、査定協会がおこなっている学科や技法の研修というものを受けて、そして「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えられます。更に査定士として働く為には協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな基本的なことや義務を以てして消費者の愛車の審査をおこないます。

つまり適正な見積もりを行う為の資格を保持している方が鑑定をやりますので、客側も不安なく買い取りまたは下取に持っていくことが可能となるわけです。