どういうこと?日本自動車査定協会という機関に関して

古い車の下取りや買取の際には、なにはともあれ査定をやります。査定というのは、売り手側から下取や買取の時にきっちりした鑑定をするための工程であり、それにはさまざまな人たちから了承され、尚且つ承諾された手続きで行わないといけません。とはいえ、お客様側からしますと、鑑定がどんな具合におこなわれてるのかはっきりとは知らなかったり、フェアな進め方で調査されているのかはどうにも認識することが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても査定というのはユースドカーの価格を決めてしまう大変大事な方法なので、考えや方法に色々なものがあると社会の混乱の要因にもなるわけです。

このようなパニックを生じさせないためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会というのは、しっかりとした値踏みが根を下ろすように機能している協会であり、ユーザーが不安なく値踏みに出すことができ、そして満足できる結果となる制度作りの行いをしています。

実際の内容的には、例えばしっかりした査定士を育てるために検定を行っており、査定協会が実行している学科や実技の研修を受けてもらい、そして査定士技能検定試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録が必須となり、しっかりとした知識や規律をもって消費者のクルマの鑑定をします。要は適正な見積のための資格を保有する方が査定をおこないますので、客側も安堵して買い取りまたは下取に持っていくことが可能となるのです。