どういうこと?車の買い取りとリサイクル料金について

自家用車を売る際の段取りには買取と下取りというのがございます。下取りの場合は次のクルマを入手する時一緒にこれまでの自動車を引受けして頂くというものです。大抵は新車のディーラーが買取りをするため買取プライスはわりと低くなるケースが多いです。

一方、買い取りの場合にはマイカー買い取り専門ショップがおこなっているもので、ユースドカーという名目で店頭に出すことを前提に引受けの金額を決定するため、どちらかというと高額な引取りが望めます。どっちにしてもくるまを売却する事であり、売却をする前に引受額を決めるための値踏みがおこなわれることとなります。

鑑定を依頼するさいに気に掛かるのがリサイクル料です。所有車鑑定で提示される値段というのはクルマそれ自体の金額、クルマについてくるリサイクル料や自賠責保険等々入れた額の二つの種類があります。リサイクル料に関してはマイカーを手に入れた時、又はリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検を受けたさいに支払いとなるもので、後にくるまを廃車として処分する時必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルするためのコストとして使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分するさいに自動車リサイクルシステムから支払されることとなります。

コストは、軽自動車なら8千円程、国産車の場合は10000円位、外国製自動車等で1.5万円位、そのほかで2万円程度を入金する必要性があったりします。大抵の自動車買取りでは、これらのリサイクルの代金を自分のクルマのの引き受け値段とは別で買い取られるというようなこととなりますが、リサイクルの代金を含めて引き取り額としているケースもあり、買い取りをお願いする際にはまずは確認しておくということが大事な事となります。