今回は車買取と下取について

愛車を売りたいケースでの方法には買取りや下取り等の手続きがあります。下取りに関しては、おニューの自動車をゲットしたタイミングで、今まで乗っていた自分のくるまを買取りしていただけるものです。その車がドライブができる状態だったとしたら値段がつくのですが、あまりにも中古だった際は廃車費用を求められるケースも考えられます。

下取りは専門業者が引受けするという訳じゃないですから、望むような価格での放出は無理でしょうけど、おニューのクルマと取り替えるような形で乗り換えが可能といった良い面があります。もう片方の買取ですと、専門のユーズドカー買取り業者に頼んで引き取ってもらうといったものです。その手続きが難しいといったデメリットが存在しますが、買い取りをされた自分の車はユースドカーとして出回るのが元々決定事項ですので、想像以上に高値での引取りが期待できるはずです。

買取、下取のどちらであっても契約の場合には様々な書類を準備しておくことが必要です。どういうものかというと、車検証や納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。更に印鑑証明と実印、住民票等も必要です。

売渡の場合には委任状や譲渡証明書も必要となるのですが、これらは買い取りの専業店にて準備してくれるでしょう。買取りを頼みたい側としては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印あとは印鑑証明書を用意しておきましょう。鑑定の際もこれらについてはチェックが入るため、なくした時はまた発行して頂く必要があります。

たとえ無くても見積もりそれ自体はして貰うことはOKですが、その場で引受けは行えないため査定金額に悪い影響が出ることとなるでしょう。