例の車買取と下取

中古車を売却する時のやり方としては下取や買取といった手順がございます。下取に関しては、新しいくるまを入手した場合には、これ迄のくるまを引き取って頂くものです。その時点で乗車が可能なくるまだったとすればプライスが期待できますが、古かった場合だと処分のためのお金を下さいと言われるケースもあり得ます。

下取の場合は専門店が引き取るわけではないので、高い金額での譲渡はムリでしょうけど、おニューのくるまと取り替えるような形で乗り換えすることが可能といったいい点があります。一方で買い取りはというと、それを専業としている車買取専門ショップに頼んで買取をしてもらうものです。時期が分かりづらいなどの短所も有るのですが、引き受けられたマイカーは中古自動車となって流通されるのがもともと決定されていますので、思っていたよりも希望金額での買い取りが望めると思います。

下取であっても買取であっても手続きのさいには色々書類を準備する必要があります。必要書類としては車検証の原本とくるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。また印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

売渡の際は委任状や譲渡証明等も使うかと思いますが、これらに関してはお店の方が準備してくれるはずです。買い取りを頼むコチラ側としては、自動車検査証、自動車税納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印あとは印鑑証明を準備しておきましょう。見積もりの時にもこれらをチェックされるため、紛失しているケースだともう一度発行することが必要となります。

万一なくした場合でも見積もりそれ自体はしていただくことはオーケーですが、即日売却はおこなえないので見積額に悪い影響が出てしまいます。