改めてローンが残っている車の売却について思うこと

中古車買取専業店に買取査定を依頼したものの、残債を払いきれていないという事もあるのではないでしょうか。このような時は、売り払いたいお車の所有者がご本人であるのか別の方であるのかを最初に見ておく事が必須です。

実際、所有者が誰かについてどれを見るといいのかと言えば、「自動車検査証」に書かれている氏名が自動車の持ち主という訳です。

自動車を買うときに銀行が提供しているローン支払いを組んだ際は、こちらの自動車検査証に記載のある名前がご自分のお名前になっている訳ですが、ローン支払いを設定されたのが信販会社などのケースではお名前がクレジット会社の記載になるはずです。クレジット会社でローンを組む場合にどうしてこのように信販会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その理由は毎月の支払いが滞納されたときに、ただちにくるまを差し押さえして確保することを考えているからです。

このような事情で所有権がローン会社となっている場合はその愛車を自分の都合で売り払う事はできません。それでも売りたいならまずは返済を残らず終了させるかローンの組み換えによって所有権者をあなたの名前に変えた後で売却をする必要があります。とはいえ現実問題こうしたことが可能なのがその時の手持ちの現金がとても多い場合に限られます。それじゃあ現金がない方はどういった方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そういったケースでは見積もりをして下さった中古車買取店に話してもらえると、マイカーの買い取りの値段から残りの返済分を支払し、所有権をご本人の氏名に変えてもらうことができます。手続きの方も全てにおいて買い取り専門店にお任せできるので心配いりません。