話題の車売却とリサイクル料のこと

中古車を売り払うときの手立てとしては下取、そして買取の両方が有ります。下取のケースはおニューのクルマを入手する際一緒に古いユースドカーを引受けしてもらうというものです。大抵販売会社が引受を行うので買取金額の方はどちらかというと低目になる場合が多いです。

一方、買取のほうはユースドカー買い取り専門ショップが行っており、ユースドカーとして売ることを前提として引き受けの値段を決定するため、どちらかといえば高めの買取りが望めるでしょう。いずれにしても自分のくるまのを売却する事であり、引き受けてもらう前に引取り価格を決定するための審査がおこなわれます。

値踏みをお願いする場合気になるのはリサイクル料です。愛車見積もりで出してもらうプライスというのはその自分のクルマのそれ自体のプライス、自分のくるまのについてくるリサイクル料とか自賠責保険などいれた価格の二つの種類がございます。リサイクル料については車を入手した時、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合には車検を通した際に支払いになりますので、のちにユーズドカーを廃車にして解体処分するさいに必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルするときの費用という名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体する時自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

コストはだいたい、軽自動車であれば8000円くらい、国産車の場合は1万円くらい、外国の車等であれば15000円ほど、それ以外で20000円ほどをいれる必要がございます。だいたいの車引き取りであれば、そうしたリサイクル料を自分のくるまのの引き受け価格とは他として引き受けされるという事になるワケですが、リサイクル料をいれて審査の金額であるというケースも有り、買取をお願いする時は先ずは確認しておくということが大事です。