話題沸騰!「車査定と修復歴」について

古い車引取りを頼んだ時には、初めに審査を受ける事になります。その際の査定に関しては買取ショップの担当者がおこなうわけですが、クルママーケットの金額等から算出されることとなります。

大体、中古の車として売り出されている価格の2~3割ほどが売却額とされているようですが、売れ筋の車種であったり、珍しいくるまだったりする時には高プライスがでる時もあるみたいです。他にも、製造年が新しければ新しいほど高い査定となります。一方でそういった査定額はそのクルマが万全な状態のケースであり、万全ではない時だと査定は厳しくなります。中でも特に修理歴などは査定に相当関係します。

事故車といっても定義が曖昧ですが、とりあえずお車の基礎となるフレームの部分にまで及ぶようなアクシデントをしてしまった車両は事故車となってしまいます。そうした事故歴のあるくるまはそのうちなにか負の影響出るかもしれないという危険が有りますので、見積に関してはマイナスになります。他方、フレームにまで影響が及ばず、外装を手直しした位ならならないですが、修理歴としてはつきます。

もちろん修理歴は付きますので負の影響がある訳ですが、事故車よりも低く値踏みされることはないでしょう。そのほか、エンジンなどに問題が起きているケースもマイナスとして査定されますし、いつもの手入れの状況が見積価格に影響されます。

この辺は私達にはちんぷんかんぷんですが、査定をする買取専業店はキチンとそのへんも見てきます。

どちらにしても修復歴が無いことがくるま見積がアップできるかどうかの最低条件となります。