話題沸騰!中古車査定と事故車の感想、所感

愛車売却をお願いした際には、まず最初に見積もりを受ける事になります。その場合の審査については買い取り専門店の担当者がやり、クルマ市場の金額等から算定されることとなります。

通常、古いくるまということで売りに出されている額の2~3割ほどが査定額となっていますが、人気のくるまであったり、希少価値のある車等の時には高い査定がつく場合もあるようです。他にも、製造年は新しい方が高く売却できます。他方、そうした査定額はその愛車が万全な状態の場合であって、パーフェクトではないときだと値踏みは厳しくなります。その中でも事故の跡等は見積に結構響きます。

事故車というのも定義はあいまいですが、とりあえずお車の本体であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントを経験した車両はこれに当てはまります。そのような事故車はいつかなにかマイナスの影響が出てくるかもしれないという危険があるので、買取の値段についてはダメなものとなってしまいます。一方で、フレームの部分まで影響しておらず、外見を直したくらいであればなりませんが、事故歴としては付くことになります。

もちろん修復歴としては付くので負の影響がある訳ですが、事故車より低い査定となることは無いです。また、変速機やエンジンなどに面倒が起こっている際もマイナスとして査定されますし、普段からの点検整備の状況が見積に関わってきます。

このへんは私たちには分からない部分ですが、査定をしている買い取りの専業店はきちんとその辺りも確認してきます。

どっちにしても修復歴としてはないということがマイカー買取の値段を上げられるかどうかのポイントになります。