車のリサイクル料について思うこと

くるまを売るさいの進め方といえば下取りと買取りというのが御座います。下取のケースは新しい中古車をゲットすると同時にこれ迄の自家用車を買取して頂くというものです。たいがいは取扱店が引受けを行うのでプライスのほうはどっちかというと低価格になる場合が多いです。

他方、買取りの方は自動車買取り専門の業者がおこなっているもので、中古車という名目で売ることを予定に買取の価格を決めるため、わりと高目の買い取りが望めます。いずれにしろ所有車を売却することであり、売る前に引き受け金額を決定するための査定がおこなわれます。

審査をして頂くさいに気に掛かるのはリサイクル料になります。ユースドカー査定で提示される額というのはそのくるま本体の額、自家用車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等含めた額の2つの種類が御座います。リサイクル料については自動車を買った際、またはリサイクル料が未納だった時には車検を受けた際に支払いとなるもので、後にお車を廃車にして解体処分するさいに必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルするさいのコストとなって使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、壊してしまう時JARSから払われるということになります。

費用は、軽自動車で8千円位、国産自動車で約1万円、外国製自動車などで15000円程、その他で2万円ぐらいをいれる必要がございます。大半のクルマ引取りでは、これらのリサイクル料金を所有車の買取り金額とは他のものとして買取されるというような事となるのですが、リサイクル料を含んで引取り金額であるという場合もあり、引取りを希望というさいには先ずはチェックしておくことが大切なこととなります。